睡眠薬の怖い副作用とは

近頃では若い人でも、睡眠に悩みがあると言う人が、増えて来ています。様々なストレスに曝される現代人の体は、睡眠の準備が出来にくい事が原因の一つと言われています。睡眠不足や睡眠障害は辛いものですが、だからと言ってすぐに睡眠薬を手に取るのも考え物

 

睡眠薬を使えば眠る事はできますが、実は怖い副作用が有るのはあまり知られていません。例えば睡眠薬を常用すると、それ無しでは眠れなくなってしまったりする事が出る依存性があります。また朝起きても倦怠感が有ったり、頭痛がする場合も有ります。日中に眠気が抜けず一日中ボーッと過ごしてしまい、判断力も低下するなど、実はこんな側面も有るのです

 

レンドルミンの依存はどの程度なの?

 

レンドルミン画像

レンドルミンは睡眠障害である入眠障害や中途覚醒などの症状に効果が期待できる睡眠薬です。使用した際に効いたと実感できるくらいの効果を体感する人が多い強い効能を持つ薬なので、その分依存性も高い事がわかっています

レンドルミンの睡眠薬に関わらず、どの睡眠薬でもこの問題はかならずといっていいほど発生します

強い薬を使い続けた結果、入眠の際に薬が必要であると考えるようになり、薬がないと落ち着かないような状態になるのです。強い睡眠薬を使用していると、これ以外でも耐性が発生して効果が薄くなったりします

 

レンドルミンは効果が高い事もあり、依存の度合いも強い部類に入る睡眠宅ですので、症状が軽いのであれば、もう少し効果の弱い薬から使用する事が良いでしょう。

 

レンドルミンの依存と他の睡眠薬との違い

レンドルミン以外でも睡眠薬は多く存在します。今の睡眠薬は非ベンゾジアゼピン系睡眠薬とベンゾジアゼピン系睡眠薬の2種類が主なものになります。以前よく使用されていたバルビツール系の睡眠薬や尿素系の睡眠薬はその依存性の高さからここ最近では使用されなくなっています

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬やベンゾジアゼピン系睡眠薬も使用を止めると入眠時に不安になるなどの症状は出る事がありますが、バルビツール系睡眠薬や尿素系睡眠薬に比べると症状は軽めな上に他の効果の部分でもバランスが良い薬品なのでよく使われるようになっているようです

 

レンドルミンへの依存を少なくするには

レンドルミンに限らず他の睡眠薬の使用に関しても言える事ですが、睡眠障害がまだ軽度の内から効果が強い睡眠薬を使用してしまうと、思わぬ副作用が発生したり、薬に対して耐性ができてしまい、もっと強い薬を使わければならなくなったりと良い事がありません

 

その為、最初は他種類の睡眠薬よりも効果が弱く、副作用も少なく済む睡眠サプリなどから試してみるのが良いでしょう

 

これ以外でも使用をなるべく少なくしたり用法をしっかり守る事が重要になります。

 

 

>>レンドルミンの副作用 TOP