レンドルミンの作用時間について

レンドルミンは、1988年にベーリンガー社が発売を開始した睡眠導入剤です。睡眠導入剤の中でも、ベンゾジアゼピン系という種類に分類されます。比較的クセの少ないお薬として知られており、精神科や心療内科だけでなく、内科などでも処方されることが多くなっています

 

クセが少ないとされる理由としては

 

初めて睡眠薬の患者さん

「作用時間が長過ぎず短過ぎず、ちょうどいい」ことが挙げられます。作用時間によって睡眠導入剤を分類した場合には、レンドルミンは「短時間型」という種類に分類されています。そのため最初に使うのに適した睡眠導入剤としても知られており、初めて睡眠導入剤を使用するという患者さんに処方されるケースが多くなっています

 

半減期と最高濃度到達時間とは?

睡眠導入剤の作用時間を比べるときに出てくるのが半減期と最高濃度到達時間という言葉です。半減期とは、その薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間の事を指します。そのため薬の作用時間の目安としてよく用いられますが、体質などによって薬が効きやすい人もいれば効きにくい人もいますので、半減期はあくまでも作用時間の目安と考えるとよいでしょう

 

最高濃度到達時間は

 

最高濃度到達時間

言葉の通りお薬の血中濃度が最高に到達するまでにかかる時間を指します。最高濃度到達時間が短いほど即効性のあるお薬ということができます。ですから、すぐに寝付きたいという場合や、寝付いてしまえば睡眠導入剤の効果が薄れても眠ることができるというタイプの方には最高濃度到達時間が短い薬が向いているということになります。

 

レンドルミンの半減期と最高濃度到達時間

レンドルミンの場合は

半減期が約7時間、そして最高濃度到達時間が約1.5時間とされています

つまり理論的に言えば、服用後約1時間ほどで薬の効果が最高に達し、7時間ほどで薬の効果が切れるということになります。あくまで理論値ではありますが、理想的な睡眠の形と言えると思います。他の睡眠導入剤と比べても半減期、最高濃度到達時間ともに非常にバランスのとれた睡眠導入剤と言えることができます

 

ですので寝つきが悪いという入眠障害と、寝付いても途中で起きてしまうという中途覚醒の症状の両方に対してバランスよく効果を発揮してくれる薬であり、入眠障害と中途覚醒のどちらにも悩んでいるという患者さんに適した薬ということができそう

 

 

>>レンドルミンの副作用 TOP