レンドルミンで寝れない、眠くならない理由とは?

精神的な悩み、疾患がある場合、睡眠障害が起こり、寝れない、眠くならないという症状がでてきます。睡眠障害がおこることで、さらに精神的なことでの悪影響が出てくるケースが多く、日常的な生活にも影響が出てきてしまいます。そこで心療内科では睡眠薬、睡眠導入剤などが処方されるわけですが、まずは短期系の弱いものから処方されることになります。

 

レンドルミンは短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬という部類になり、催眠、抗不安、抗痙攣作用は強いのですが筋弛緩作用は比較的弱く高齢者の方にも安心して処方できるという特徴があります。

寝られないという悩みの方にはまず処方される薬でもありますので、安心です

 

レンドルミンの効果を感じられない?

効果を感じられない

レンドルミンは、短期系の睡眠薬ですので、一般的に、初期の睡眠障害の際に処方されるケースが多いです。

 

症状が重い場合には

 

さらに中期系、長期系の睡眠薬にチェンジされるのですが、レンドルミンを使っても寝られないということもあります

 

精神的な障害が軽い場合には

 

中期系、長期系のものを使ってしまいますと、キレが悪く、起きてからも眠たいという状態が続いてしまうこともありますし、日常生活に影響を与えてしまうこともありますので、使用に関しては医師の判断なども重要になってきます。逆にレンドルミンでも眠さが残ってしまうという場合には、超短時間型タイプハルシオン、マイスリー、アモバンに切り替えることもできます

 

寝られないのはなぜ?

レンドルミンを使っているのに、うまく眠れないという場合もあります。徐波睡眠を増加させる効果はあるのですが、これは、浅い睡眠を増加させる作用が大きくノンレム睡眠には影響しない為、睡眠導入作用はありますが、睡眠の質自体は微妙ということが関係している為です

 

効果がある、ない、その強さなどは、個人差がかなりありますし、他の薬との飲み合わせであったり、飲み続けていくことによる抗体などもありますので、様子を見ながら服用していくということが大事

 

ちなみに、副作用としては一過性前向性健忘が起こることがありますが、可能性としてはごくわずかです。もし使用を中止する場合には、いきなりやめるということはしない方が良いでしょう。

 

 

>>レンドルミンの副作用 TOP