レンドルミン服用での幻覚

レンドルミンで考えられる重い副作用とし、長期的な服用では依存をするようになります。長い間の服用は、睡眠のために身体が医薬品に慣れてしまうので、その依存は強いものになってしまい、その時には注意をしないといけません

 

眠るためには医薬品の成分が必要な体にあっていますので、最も気を付けなければならないのが、急にお薬を飲まなくなることです

もしも急に医薬品服用をやめたら、様々な禁断症状が出てきます

レンドルミン 幻覚

強烈な不安感や幻覚、混乱やふるえを起こすことがあるためです。幻覚や不眠といった副作用は、いきなり服用を中止すると、確率が高くなります。しかし、お薬はゆっくりと減らしていくことで、こうした状況にはならないです

 

レンドルミン睡眠薬の強さ

睡眠障害の治療では、病院で処方できる睡眠薬が決まっています。

 

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

 

GABAの作用を医薬品の作用で強めることになりますので、服用をすることで鎮静させて、傾眠作用につなげています。睡眠薬の処方時には、その医薬品の強さにも興味を持ちます。作用時間は医薬品によって異なりますが、レンドルミン睡眠薬の強さでいえば、短時間での効果を出すタイプにあります

 

お薬の服用をしてから、睡眠薬としての作用は、およそ6時間から10時間ほどの効果を発揮することになります。入眠障害で弱い睡眠薬を望むのであれば、これを半分の量で処方をすることで問題は解決

 

短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬

レンドルミンの睡眠薬の特徴は、短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬ということです。服用をすることで、抗不安や睡眠効果は強く、抗痙攣作用も強めになります。筋弛緩作用に関しては弱いので、年代的にも高齢の人にも処方は向いています。効果としては短時間の効果であるために、翌朝までしっかりと成分効果があるかというと、そこまでの持ち越しはないです

 

だから朝になっても、いつまでも眠気が残ってしまうことも、ほとんどありません。もしもレンドルミンを飲んで、次の朝にまで眠気が持続をするようだったら、腸短時間タイプの睡眠薬に変更をすることもできます。そうすれば翌朝にまで眠気が残ってしまうことはなくなります。

 

 

>>レンドルミンの副作用 TOP